フィンジアの新成分|キャピキシルとピディオキシジルとは?

フィンジアの新成分|キャピキシルとピディオキシジルとは?

 

育毛剤のフィンジアにはどんな成分が含まれているんだろう?

 

フィンジア

 

そう思った人の為に、この記事ではフィンジアの成分についてお話します。

 

各成分についても詳しく解説しています。

 

成分が気になる人は最後まで読むことをオススメします

 

 

 

フィンジアには新成分を配合! 注目の主成分とは?

 

フィンジアには、ヘアケア業界で注目されている新成分が配合されています。

 

その名も、ピディオキシジル

 

ピディオキシジル

 

あなたは、ミノキシジルという成分をご存知でしょうか?

 

発毛効果が科学的に証明されている成分で、リアップなどの有名な育毛剤の主成分です。

 

高い効果の代償として、心臓や血圧に負担をかけたり、動機などの副作用を起こします。

 

 

 

ピディオキシジルは、「副作用のないミノキシジル」と呼ばれています。

 

ミノキシジルの効果を最大限残したまま副作用をなくすことを目的に作り出されました。

 

 

だから、ミノキシジルとピディオキシジルはこんなに構造が似ているのです。

ミノキシジルとピディオキシジル

 

 

 

 

フィンジアには、もう一つ重要な成分が含まれています。

 

キャピキシルです。

 

キャピキシル

 

キャピキシルは、ミノキシジルの3倍の効果があることが科学的に証明された驚くべき育毛成分です。

 

多くの育毛剤に配合されており、こちらもヘアケア業界では注目されている成分です。

 

 

 

フィンジアは、これら2つの育毛成分を主軸として作り出されているのです。

 

 

 

 

フィンジアの10種類の毛髪成分とは?

 

フィンジアには、キャピキシルとピディオキシジル以外にも、10種類の毛髪成分が含まれています。

 

フィンジア 成分

 

 

それぞれどのような効果が期待できるのか見ていきましょう

 

 

 

センブリ

育毛剤と言えば外せない成分が、このセンブリです。
有名な育毛成分としても認識されており、主要な育毛剤であれば含まれていることが多いです。
血行促進などにより頭皮全体に栄養を届けたり、頭皮に潤いを与えると言われています。

 

 

パンテノール

ビタミン類の仲間です。
皮膚に良い影響を与えたり、頭皮のケアをサポートしてくれる成分です。

 

 

ビワ葉
ヒオウギ

これらの成分は、AGA(男性型脱毛症)の原因となる、男性ホルモンに影響を与えると言われています。
AGAは男性の薄毛の原因のほとんどに当てはまる症状で、薄毛はだいたい男性ホルモンが要因なのです。

 

 

ボタン
フユボダイジュ花

ボタン、フユボダイジュ花という成分は、血行を促進することで、頭皮全体に栄養を届けるなどの効果が期待できると言われています。

 

 

褐藻

海藻エキスとも呼ばれ、多くの育毛剤に含まれている成分です。
保湿などの効果があります。

 

 

グリチルリチン酸2K

抗炎作用などが期待できると言われています。
炎症を起こした頭皮が育毛に悪影響を与えますので、炎症を予防する目的で含まれているようです。

 

 

キハダ樹皮

頭皮環境が乱れにくいように、頭皮環境を整えるために含まれています。

 

ヒキオコシ

頭皮環境を整えたり、保湿効果が期待できます。

 

 

 

フィンジアは、これらの成分が育毛に適したバランスとなるよう独自配合されているようです。

 

 

成分は活用してこそ意味がある! フィンジアの独自理論とは?

 

育毛成分は、ただ配合するだけでは意味がありません。

 

 

フィンジアは、独自理論であるゲートアクセス理論により、高い効果を出せるよう考え抜かれています。

 

ゲートアクセス理論

 

 

ゲートアクセス理論とは、唐辛子に含まれるカプサイシンを利用することで、固くなった頭皮を柔らかくします。
柔らかくすることで、育毛成分が奥まで浸透しやすくなるという理論です。

 

カプサイシン配合

 

 

 

成分同士のバランスにまでこだわってこそ高い効果を期待できるという考えなのでしょう。

 

 

 

そのため、フィンジアは頭皮が固くなる40歳以降の人にこそ期待できる育毛剤だと考えられます。

 

 

 

 

↓フィンジアを購入するなら↓

フィンジア公式サイト