女性用? フィンジアが女性に向いている3つの理由とは?

女性用? フィンジアが女性に向いている3つの理由とは?

 

フィンジアは男女兼用の育毛剤ですが、私は女性にこそ向いていると考えています。

 

フィンジア

 

 

男性と女性とでは、薄毛に対する心構えや、必要な効果が異なります。

 

男性は副作用があっても強力な育毛剤を求めますが、女性が強力な育毛剤を使うと副作用ばかり出る可能性があります。

 

 

この記事では、フィンジアがなぜ女性にこそ向いていると感じるのかについて書かれています。

 

薄毛に悩む女性にこそ読んでもらいたいと思います。

 

 

 

フィンジアが女性にこそ向いている3つの理由

 

 

フィンジアが女性に向いていると感じる理由は以下の3つです。

 

 

  1. 副作用が無い
  2.  

  3. 固くなった頭皮にアプローチする独自理論
  4.  

  5. 注目の新成分を配合

 

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

 

副作用が無い

 

女性

 

基本的に男性と女性の薄毛の原因は同じです。
それは、男性ホルモンが影響しているためです。

 

フィンジアを始めとした育毛剤はこの男性ホルモンに影響を与えることを目的としています。

 

 

ただし、男性と女性では大きな違いがあります

 

 

男性は完全にハゲることが多いですが、女性は薄くなるだけということです。

 

これは男性ホルモンの強さが影響しています。
男性ホルモンが強い男性は毛髪が完全に抜けてしまいます。
しかし女性の場合は完全にハゲとなることは滅多にありません。

 

 

あなたも、薄毛には悩んでいるけれど「将来ハゲたらどうしよう」とは思っていないでしょう?

 

女性

 

 

これを理解せずに強力な育毛剤を使ってしまうと、ボリュームは増えますが副作用も一緒についてきます。
強力な育毛成分であるミノキシジルなんかは心臓に負担をかけたり、動機や胸痛、血圧への悪影響といった副作用が多く報告されています。

 

このような育毛剤を使えば、確かにボリュームアップはするでしょう。
しかし、代償として健康を損なうかもしれません。

 

 

フィンジアには、副作用がありません。
ハゲた頭から毛を生やすほどの力はありませんが、薄毛程度であれば効果は十分に期待できます。

 

女性に向いていると感じる最大の理由が↑です。

 

 

 

 

 

固くなった頭皮にアプローチする独自理論

 

ゲートアクセス理論

 

男性の薄毛は20代〜30代で始まることが多いです。
一方、男性ホルモンの影響を受けにくい女性の場合は30代〜40代で薄毛になりやすいです。

 

30代以降となると、頭皮というのは徐々に固くなってきます。
頭皮が固くなると、育毛成分が奥まで浸透しずらくなってしまいます。

 

フィンジアは、独自のゲートアクセス理論により、カプサイシンを利用して頭皮を柔らかくすることで、育毛成分を浸透させやすくしています
年齢を重ねた人ほど使ってほしい育毛剤なのですね。

 

 

 

注目の新成分を配合

 

ピディオキシジル

 

フィンジアには、ピディオキシジルという、ヘアケア業界で注目されている新成分が配合されています。

 

このピディオキシジルとは、発毛効果が高いミノキシジルの副作用だけをなくすために作られた成分です。
副作用が無いミノキシジル」とまで言われ、その構造はミノキシジルと酷似しているほどです。

ミノキシジルとピディオキシジル

 

さすがに本家のミノキシジルには敵わないでしょうが、それに近い成分であることは見て取れることでしょう。
副作用が出ない範囲で最大限の効果を出そうと考えられた成分なのだと思います。

 

 

 

 

 

以上が、女性にフィンジアが向いていると感じる3つの理由でした。

 

 

 

フィンジアが向いてないのは、副作用に悩まされてでも強力な薬を使いたいという人です。

 

頭を抱える女性

 

 

 

フィンジアをオススメできるのは、副作用と効果のバランスを見極め、適切な度合いをわきまえている人となります。

 

女性

 

 

 

あなたは、どちらですか?

 

 

 

 

↓フィンジアの購入はこちら↓

フィンジア