育毛するのにタバコを吸うな、お酒を飲むなって本当?

育毛するのにタバコを吸うな、お酒を飲むなって本当?

 

身体に悪影響を与えることで有名なタバコお酒

 

これらは育毛にも悪いと聞きますが、本当にそうなのでしょうか?

 

お酒

 

この記事では、タバコやお酒が育毛に与える影響についてお話しています。

 

 

読まないと育毛が失敗する恐れがあります。

 

 

しっかりと確認するようにしましょう。

 

 

 

 

 

タバコが育毛に与える影響?

 

結論から言うと、タバコは育毛にとってデメリットしかありません

 

もしも

 

「タバコの影響と言ってもそこまでひどくないだろ」

 

と思っているのなら考え直した方が良いでしょう。

 

育毛にとって取り返しのつかない事態に陥ります

 

絶望

 

 

 

 

タバコで起こる問題は主に3つです。

 

 

ニコチンによって血行が悪くなる

血行不良

ニコチンは自律神経を刺激します。
自律神経が刺激されると血管を縮ませて血行不良となってしまいます。
血行が悪くなれば、頭皮に送る栄養が減ってしまうため、髪が育ちにくくなるのです。

 

 

 

ビタミン不足によって栄養が頭皮の届かなくなる

届かない栄養

タバコには、ビタミンを奪う機能があります。
ビタミンには栄養の吸収を促進するビタミンC、血行を促進するビタミンEなど様々な効果があります。
しかし、タバコはビタミンを奪ってしまうため、本来は得られるはずだった栄養が失われてしまうのです。

 

 

 

髪を成長させるアミノ酸を奪う

弱る髪の毛

タバコを吸うと、血液の中の悪玉コレステロールが増えます。
悪玉コレステロールが増えると身体に異常が出てしまうため、体内でタウリンという対抗成分が作り出されます。

 

このタウンリンを作る際に使うのがアミノ酸です。

 

一方、髪の毛を作っているのもアミノ酸です。
どちらも同じ成分を利用しているため、タウリンが増えると髪の毛に使う予定だったアミノ酸が奪われてしまうのです。

 

 

 

 

この他にも、タバコには

 

  • 禁煙するとストレスがたまる
  •  

  • 吸っていてもストレスは体内では溜まっている

 

などといった育毛には最悪の条件が多数あります。

 

 

これが、タバコは百害あって一利なしと言われる理由です。

 

 

 

お酒は育毛に悪影響?

 

では、お酒はどうなのでしょうか?

 

「お酒もタバコと同じでダメなんでしょ?」

 

と思うかもしれませんが、お酒にはメリットがあります

 

喜び

 

 

それは、血液の循環を良くする効果です。

 

 

「タバコの血行不良と、お酒のメリットで、互いを相殺できるんじゃ?」

 

「一緒にやれば問題ないな!」

 

 

なんて思った人は勘違いも甚だしいです。

 

 

お酒のメリットを享受するには条件があります。

 

 

それは、少量のお酒ならメリットがあるということです。

 

少量なら

 

 

たくさん飲んだらデメリットばかりになるのです。

 

 

 

 

お酒のデメリットは、アミノ酸を奪うこと

 

お酒を処理する内臓は肝臓です。

 

肝臓は、アルコールを分解する時にアミノ酸を消費します。

 

つまり、アルコールを摂取すればするほど、肝臓がアミノ酸を使ってしまい、髪の成長を助ける分のアミノ酸が無くなるのです。

 

 

コップ一杯程度ならともかく、ビール瓶1本以上となればデメリットだらけになることでしょう。

 

 

育毛に与えるタバコとお酒の影響まとめ

 

まとめると、

 

 

タバコは育毛を阻害するデメリットしかないのでやめるべき

 

お酒は少量ならアリだが、ビール瓶1本以上飲むならやめるべき

 

 

となります。

 

 

育毛をする上で基本的にタバコとお酒はデメリットばかりなので、可能なら禁煙や禁酒を行うことをオススメします。

 

また、これからお酒やたばこを嗜もうと考えている人は、将来ハゲる覚悟で行うようにしましょう。

 

ハゲ

 

 

それでも何とか育毛したいという人は、売れまくっていて効果が期待できる育毛剤とは?を読むと幸せになれるかもしれません。