フィンジアは40歳のM字ハゲにこそ使ってほしい3つの理由

フィンジアは40歳のM字ハゲにこそ使ってほしい3つの理由

 

 

育毛剤のフィンジアM字ハゲに効果があるのか?

 

フィンジア

 

そんな疑問を抱いたあなたのために、この記事ではフィンジアがM字ハゲにどのようにアプローチしていくのかについて書いてあります。

 

特に40歳以降の人には必見ですので、しっかりと読んでください。

 

 

フィンジアを40歳以降の人にオススメする理由とは?

 

鏡を見ると、最近おでこが広くなってきた……なんてM字ハゲに悩む人は多いです。

 

ただ、症状があらわれる年齢には個人差があります。

 

 

フィンジアは、M字ハゲに悩む人の中でも40歳以降の人にオススメです。

 

男性

 

 

その理由は3つあります。

 

  1. ミノキシジルを超える話題の成分「キャピキシル」配合
  2.  

  3. 新スカルプ成分「ピディオキシジル」配合
  4.  

  5. カプサイシンによる「ゲートアクセス理論」で頭皮を柔軟化

 

 

 

 

なぜ、これらがM字ハゲに効果的なのか?

 

 

 

ミノキシジルを超える話題の成分「キャピキシル」配合

 

キャピキシル配合

 

多くの発毛剤に使われているミノキシジルという成分を超えるほどの効果が実証された「キャピキシル」を、フィンジアは業界でも多量の5%も配合されています。
これにより、M字ハゲなどの生え際後退に対しても毛を育てる効果が期待できます。

 

 

新スカルプ成分「ピディオキシジル」配合

ピディオキシジル

次世代の新成分「ピディオキシジル」は、副作用が少ないミノキシジルとも言われ、成分がミノキシジルに非常に似ています。
というのも、ミノキシジルの副作用だけを取り除く目的で作られた成分だからです。
いいとこどりというわけですね。

 

 

 

カプサイシンによる「ゲートアクセス理論」で頭皮を柔軟化

 

ゲートアクセス理論

 

40歳以降のM字ハゲにオススメする最大の理由が、ゲートアクセス理論です。
頭皮は加齢とともに固くなっていくと言われています。
固くなれば、育毛成分が浸透しにくくなり、育毛剤の効果は低下してしまうことでしょう。
フィンジアでは、唐辛子にも含まれるカプサイシンを利用して頭皮を柔軟化することで、育毛成分を置くまで浸透させる独自理論――ゲートアクセス理論にたどり着いたようです。
これにより、40歳以降のM字ハゲに対しても高い効果を期待できるということなんですね。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

M字ハゲでいつまでも悩んでいても、薄毛は進行するだけです。

 

 

放置していれば、M字どころか頭皮の大半がハゲてしまうことでしょう。

 

ほぼハゲ

 

 

 

5年後や10年後に周囲の視線を気にしながらオドオドと生活したいのなら止めません。

 

絶望

 

 

 

ただ、前を向いて自信を持って生活したいのなら、早めに手を打ちましょう。

 

 

 

 

 

↓フィンジアを購入するならこちら↓

フィンジア公式サイト