フィンジアのような育毛剤と、リアップのような発毛剤の違い

フィンジアのような育毛剤と、リアップのような発毛剤の違い

 

育毛剤発毛剤違いをご存知でしょうか?

 

どちらも同じだと思って使うと痛い目を見ますよ。

 

失敗した男

 

 

この記事では、フィンジアのような育毛剤と、リアップのような発毛剤の違いについて書いています。

 

両者は大違いですので、正しく使うためにもしっかりと学んでください。

 

 

 

リアップのような「発毛剤」とは?

リアップ

 

リアップのような商品を「発毛剤」と呼びます。

 

 

厳密な分類ではありませんが、

 

医薬品は発毛剤

 

それ以外は育毛剤

 

と呼ばれることが多いです。

 

 

医薬品とは、法的に薬品に分類されているもので、医師や薬剤師の処方が前提とされているようなものを指します。

 

医薬品以外の育毛剤には、医師などの処方が不要な「医薬部外品」、美容や健康のために使う「化粧品」があります。

 

 

 

発毛剤の特徴とは?

 

発毛剤は薬品です。
薬品には副作用があります

 

発毛剤の副作用として挙げられるのは、心臓への負担、動悸、胸痛、血圧の変化などです。

 

過去に動悸や胸痛などの症状を訴えた利用者が多数いたために、今では「心臓に影響を与える可能性がある」などの注意書きがつけられています。
昔はこれらの症状は記載されていなかったとも噂されており、現在でも予想外の副作用があるのではと心配されています。

 

科学的には証明されていないためメーカーは否定していますが、リアップには精力減退の副作用があるという噂もあります。

 

一方で、発毛剤には高い効果が期待できます。

 

副作用があるほど強力な成分を配合しているため、髪が生えることさえあるそうです。

 

 

 

フィンジアのような「育毛剤」とは?

フィンジア

 

フィンジア、チャップアップ、ブブカ、ポリピュアなどは育毛剤に分類されます。

 

 

育毛剤の特徴は、発毛剤と違って副作用が無いことです。

 

厳密な意味での副作用は、薬品でしか起きません。

 

また、発毛剤に比べて多種類の成分が配合されている育毛剤が多いため、幅広い薄毛に対応できるのではとも言われています。

 

 

育毛剤のさらなる利点としては、

 

医師や薬剤師の処方が一切必要なく、気軽に手に入れられる

 

ほとんどの育毛剤で返金保証制度がある

 

などが挙げられます。

 

返金保証制度とは、購入から○○日以内なら返金可能という制度です。
使ってみて合わなかったらお金が戻ってくるのですね。

 

 

 

育毛剤の弱点としては、発毛剤より効果があるのか疑問だということです。

 

発毛剤の成分は、科学的に効果が確認されていて、国が認めたものです。

 

育毛剤も医薬部外品であれば、国が認めた成分が含まれていますが、どちらの効果が上かは証明されていないと思われます。

 

 

ただし、国が認めたからといって絶対に効果が出るわけでもありません。

 

ミノキシジルという、リアップの主成分があります。
これは国が認めた成分です。

 

しかし、ミノキシジルの3倍の効果があると科学的に証明されたキャピキシルは、国に認められていません。
これは成分の素が違うとか法律の問題があるとか様々な情報が飛び交っています。

 

キャピキシル

 

 

 

 

最終的には、副作用なしで最高の効果を追求したのが「育毛剤」だと考えればわかりやすいと思います。

 

 

フィンジアのような「育毛剤」と、リアップのような「発毛剤」の違いとは? まとめ

 

まとめると、

 

 

発毛剤は

 

  • 副作用が強く、心臓や血圧に不安がある人は使わない方が良い
  •  

  • 効果があると国が認めた成分を含んでいる

 

 

 

 

 

育毛剤は

 

  • 副作用が無いため安心して使える
  •  

  • 国が認めた成分は一部しか入っていない
  •  

  • しかし、「キャピキシル」のように、国が認めた成分を上回る成分もある
  •  

 

 

といった感じでした。

 

 

最近注目を浴びたばかりのキャピキシルを配合している育毛剤は、まだそれほど多くありません。

 

 

このキャピキシルを配合した上に、新成分のピディオキシジルと独自理論を組み合わせた育毛剤が存在します。

 

ピディオキシジル

 

詳しくは、キャピキシル配合の育毛剤をご覧ください。