フィンジアで生え際を治そうとする人の3つの間違いとは?

フィンジアで生え際を治そうとする人の3つの間違いとは?

 

フィンジアなどの育毛剤を使えば生え際から毛が生えてくると思っていませんか?

 

M字ハゲ

 

他にも、ハゲは遺伝だから治らないと思っている人がいます。

 

 

これらは間違いです。

 

 

じゃあ育毛剤は意味が無いのかというと、そうではありません。

 

正しい知識を知っていれば、期待した効果が実感できます。

 

 

この記事では、フィンジアなどの育毛剤が生え際にどう作用するかなどについてお話しています。

 

 

 

育毛剤を使う人が間違えやすい3つのポイント

 

フィンジアを使う人に覚えてもらいたいポイントは3つです。

 

  1. 育毛剤は毛を育てるもの
  2.  

  3. ハゲは遺伝だから治らないはウソ
  4.  

  5. 生え際の後退に気づいてからでは遅い

 

 

 

一つずつ見ていきましょう。

 

 

育毛剤は毛を育てるもの

 

フィンジアを使う人

 

フィンジアを始めとした育毛剤に、毛を生やす効果はありません。
じゃあ何ができるかというと、毛を育てることだけです。

 

毛を生やすものは発毛剤と呼ばれ、強力な副作用があります。
対して育毛剤は、副作用をなくした上で最大限の効果を発揮するよう作られています。

 

毛が完全に無くなった人なら発毛剤、
薄毛程度の人なら育毛剤というように使い方を分けるのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

ハゲは遺伝だから治らないはウソ

 

ハゲ

 

 

ハゲは遺伝だから治らない。
これはウソです。

 

正解は、「ハゲの3割くらいの原因は遺伝だけど他の要因の方が強い」です。

 

薄毛の原因となるのは遺伝の他に、食生活やストレス、運動不足、シャンプーの種類や使い方などがあります。

 

いくら遺伝的にハゲの要素が無くても、他が疎かになればハゲます。
逆に遺伝要素が強い人でも他に気をつかって育毛剤を使えば対処は十分できることでしょう。

 

 

 

 

 

生え際の後退に気づいてからでは遅い

 

逃げた毛髪を追う男性

 

遺伝よりも大事なのが、いつ対策するかです。

 

「最近、生え際が後退してきたかな? 育毛剤使うかな」と思ったときにはもう遅いのです。
育毛は、薄毛を自覚する前に始めなくてはならないのです。

 

生え際が後退し始める時というのは一気に進行することが多いので、気づいた時から始めてもすぐに進行を食い止めることはできません。
一方で、薄毛が進行する前にフィンジアなどで対策を行えば、生え際の後退が始まる前に食い止められる可能性が高まります。

 

育毛剤の効果を発揮するには最低でも半月はタイムラグがあるので、その間の生え際後退は止まりません。

 

じゃあ、いつごろから使えばいいのか?

 

絶対にはげたくないという人なら、年齢的には30代になったら使うのが良いでしょう。

 

若ハゲが心配な人なら20代でも問題ありません。

 

すね毛や手指の毛が薄くなってきたと感じた人は、すぐにフィンジアなどの育毛剤を使ってください。
加齢による薄毛が進行していますので、これから頭髪が薄くなる可能性が高いです。

 

ハゲに悩む男性

 

 

 

 

以上がフィンジアなどの育毛剤で間違えやすい3つのポイントでした。

 

 

育毛剤ではなく発毛剤が向いている人は、

 

頭部の大半がハゲている人

 

 

 

フィンジアなどの育毛剤が向いている人は

 

薄毛がまだ頭皮の半分も進行していない人

 

 

といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

フィンジアの効果についてもっと知りたい人はフィンジアの効果は何歳が一番効くの? 20歳? 50歳?をご覧ください。